烏帽子の湯 | 南陽市・日帰り温泉




なんて読むのかさっぱりわからなかったけど、置賜方面の人は烏帽子山公園とか知っているのですぐ読めるらしい「えぼしのゆ」。

2016年の新源泉「湯川原源泉」が供給され、赤湯の外湯(公衆浴場)の中で最も多くの利用者があり、烏帽子の形をした風呂が特徴、だそうです。

烏帽子ってコレ↓被ってるやつ。

Eboshi

住宅街の中にあるので、ご近所さんが多いのかもしれない。午後1時55分に到着したらすでにごった返していた。人が多いし、そもそも撮影禁止なので画像は外観のみになってしまった。

脱衣所から浴室はガラスで透けてお互いに見えるようになっている。

清掃の影響だろうか、別の例えようのない匂いがしてくる。お客は皆、石鹸やシャンプーは持ち込みなので、それらの匂いも混じって訳がわからなくなってきた。

浴槽のカタチは確かに烏帽子で、湯温は丁度良くて長湯してしまいそう。浴感はあっさりしていて、無色透明、アルカリ性でスベスベ美肌効果のある温泉。泉質は単純温泉だが、森の山源泉に近いらしい。

こんな感じ↓もらった画像。

eboshi2
施設名 烏帽子の湯(えぼしのゆ)
ジャンル 日帰り温泉、公衆浴場
住所 山形県南陽市赤湯356-2
電話番号 0238-40-2926
源泉 湯川原源泉
泉質 単純温泉
効能 関節リウマチ、腰痛、神経痛、五十肩、打撲、捻挫
冷え性、末梢循環障害、糖尿病、痔症、睡眠障害
自律神経不安定症、うつ、疲労回復、健康増進ほか
料金 100円
営業時間 午前6時~午前11時30分
午後2時~午後9時30分
定休日 金曜日
駐車場
源泉掛流し
サウナ ×
露天風呂 ×
貸切風呂 ×
休憩所 ×
食事処 ×
マッサージ ×
手ぶらデータ なし
備考

 

 




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!