「大二舘」 東根温泉の本命か。素晴らしすぎるお湯で月待ちをしよう!

正面入り口




東根温泉の中でも大二舘は北部に位置し、こまつの湯の道路ナナメ向かい側にあります。

広い駐車場にとめて訪れると、うなぎのポスターがあったりして宿泊して食べてとっとと寝たくなります。

ちなみに自慢のうなぎ料理は持ち帰りができるのだとか。

正面入り口

正面入り口

電話しておいたので出迎えてくれた女将さんは、会った瞬間に一見さんと察してくれて、浴室まで案内してくれました。

ご親切にどうも。

日帰り入浴者はなるべくお釣りがないように準備しておきたいところです。

ロビー

ロビー

浴室へ続く通路を抜け、和室らしき部屋の前を通っていくと間もなく見えてきます。

どんどん非日常が深くなっていきます。

日帰り温泉でも共同浴場ではなく旅館なので、この非日常感にとらわれます。

通路

通路

浴室は「月待の湯」と「さくらんぼの湯」の2つあり、日によって男女交代制になります。

月待の湯

月待の湯はパッと見ると普通の浴室のようですが、写真右下にある木枕に頭を乗せ、寝湯をしたまま月を待つというロマンティックとしか言いようのない湯舟となっています。

寒い時期は湯気が多くてこんな感じです↓

月待の湯

月待の湯

暖かい時期に訪れるとこんな具合↓

源泉そのままの湯使いなので激熱かと思いましたが、循環していないので上だけ熱い状態でした。

大きめの湯花がプカプカゆっくり泳いでいて、新鮮さを物語ります。

湯口にも付いています。

さくらんぼの湯

後日訪れたさくらんぼの湯は丸い浴槽が二つ並び、床には軸が伸びていてさくらんぼを模している。

こちらも湯気がモワモワ。

硫黄が含まれているて、浴室に入るとアブラ臭がしてきます。ほんの少しだけタマゴ臭がするかなぁという程度。

源泉そのままの琥珀色のお湯はとても新鮮で、庭園から入る光に反射してキラキラ輝いていました。

加水はなく、すべて掛け流しなので、お湯はとても熱いです。誰もいなかったので加水して冷ましてから入浴すると、たくさんの湯花が水中に舞っているのでした。

湯花

湯花

まとめ

モールっぽいアブラ臭に加えて心地よい硫化水素臭があり、べらぼうに新鮮なうえに浴感ツルスベ、これぞ東根温泉といえる最高のお湯でした。

素晴らしい!月待ちをしよう!

[漢字について]大二館で間違いではないが、本来は大二舘だそうです。

施設名 大二舘(だいにかん)
ジャンル 旅館、日帰り温泉
住所 山形県東根市温泉町2丁目10−1
電話番号 0237-42-0010
源泉 東根温泉協同組合13号源泉
泉質 含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉
効能 冷え性、末梢神経障害、胃もたれ、軽症高血圧、糖尿病、痔
自律神経不安定症、睡眠障害、うつ、病後回復期、疲労回復
健康増進、アトピー性皮膚炎、慢性湿疹、きりきず他
料金 500円(小学生300円)
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休
駐車場
源泉掛流し
サウナ ×
露天風呂 ×
貸切風呂 ×
休憩所 ×
食事処 ×
マッサージ ×
手ぶらデータ リンスinシャンプー、ボディソープ
備考 ウナギを食べたくなる。鍵付きロッカーはない。

 




正面入り口

シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!