不可解な庄内地方の芋煮と内陸芋煮をディスる輩




芋煮会は秋の風物詩だったはずが、まだまだ残暑が残っている気がして食べる気にならない。

時期をズラせばいいのに。馬見ヶ崎の日本一芋煮会フェスティバルなんて、汗だくで食べることになりかねない。

39bca355603f907e9d836e62bbe6ad57_m

それはいいとして、たまたまみつけたこのページ

牛肉で醤油味の芋煮が常識以前の話である内陸の人間からすると、豚肉にみそ味の庄内芋煮は100人中100人が「それは豚汁」とツッコむのは言うまでもない現実なのです。

↓庄内の芋煮

6a2d0f7880a211886fcdf7268aaea5f7_m-001

クックパッドってよく知りませんが、これが芋煮として紹介されることに違和感を感じ、豚汁は豚汁として別枠で紹介されています。

↓ザ・豚汁

5f969690a93ecfbfa4fa7d323df5f620_m

しかしながら内陸の芋煮に対して「すき焼き?」とディスってくる人もいるようで、そんなのは聞き捨てなりません。

↓これぞ内陸の芋煮

7092143161cecd5debc3d8ce8746cb40_m

県内の芋煮は大きく分けてこの二つ、と思いきや、そうでもありませんでした。

豚肉に醤油味という最上地方の芋煮が存在したのです!

これは初耳。皆、知ってるんだろうか?

さらに、置賜地方に行くと、内陸の芋煮に追加して糸こんにゃくを加えるのだとか!!!

芋煮に糸コンなんて合うのか???

 

まぁ・・・別にいいか、好きにすれば。

あー疲れた。

「お疲れさま」って女子マネに芋煮持ってきてほしい。

josimane

 

 

 




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!