鳥海高原ラインの紅葉:時の運と紅葉がめぐり逢う、路上カメラマンの葛藤




鳥海ブルーラインとは別に「鳥海高原ライン」がある、と庄内以外の人はどの程度知っているのだろうか。

きっと混同している。

まぁいいけど。

鳥海高原ライン

鳥海山・湯の台口」へと続く道路で、登山客が多く訪れる。

鳥海山へ登れば雄大な紅葉、日本海、庄内平野まで一望できるものの、さすがに今回は登山まではチョット・・・

※後日登ったので最下部に記載します。

酒田市内から出発すると北東に進み、県道366号線から「湯の台温泉 鳥海山荘」方面の368号線へと曲がり、さらにひたすら進む。

荒木橋付近

徐々に紅葉が変わり始めた途中、「荒木橋」付近には鶴間池への入り口があるので周囲に停まる車を発見。1台だけなら不審だが、複数あるので少し安心する。

変な動物が出そうなので鶴間池には向かわず、荒木川の写真でも撮っておくか。

のぞき

先はまだ長いので進むと、俗称「のぞき」といわれる駐車場に到着。

何を覗くかというと先程行く気がなかった鶴間池だった。

まだ紅葉には少し時間が必要なようだ。紅葉ピークのタイミングは桜よりずっと難しい。

駐車場付近はこんな感じで、この微妙な感じが逆にいいかも。

後日、再訪して撮り直し。あー満足した。

もう少し先のところ

先に向かう紅葉の色づき、このあたりがピーク。

去年の方がよかった気がする。

気候によって紅葉時期だけでなく、範囲まで変わってくるのかもしれない。

鳥海山 湯の台口

車で行くことが出来る最終地点、「鳥海山 湯の台口」に到着。

トイレもあって便利。この建物の中にはタクシーの案内があるけど、ここで呼ぶ人いるかな。

※トイレは10月19日で閉鎖(2018年)

約45台の駐車スペースがあり、500メートルほど手前に75台分ある。

ココから登山客は歩いて「滝の小屋」へ向かう。たった20分登っただけで、もの凄い絶景が広がるという(下部に記載)。

今回は駐車場からで我慢。でも、登山する人の気持ちは少し理解した気がする。

ここまで来ると紅葉は終わりかけていた。

さて、市内に戻ってインドカレー食べよう。

後日再訪

駐車場入り口付近にある、「鳥海山 湯の台口」から滝ノ小屋を目指して登ってみた。

初心者はそこそこキツい。

足場はよくないので、慎重に歩かないと危険。

滝ノ小屋に着いたらきっと絶景だから頑張ろう・・・

20分歩けば・・・

気分的には40分歩いて到着。

晴れていたので上方面は絶景。

逆側を向いても庄内平野すら見えないので、それはもっと高い所にいかないといけないようだ。

帰りはキツかった・・・ナメちゃいかんなぁ。

名称 鳥海高原ラインの紅葉(ちょうかいこうげんらいんのこうよう)
見頃 10月
規模感 ☆☆☆大
開通時期 7月~10月など 毎年変動します 要確認
駐車場 あり/鳥海山 湯の台口
問合せTEL 0234-64-31115/八幡総合支所
アクセス 酒田駅から車で約1時間
所在地 酒田市湯ノ台




シェアすると編集者が泣いて喜びます