キャンドルナイトINテンドウ:ロウソク並べて電気を消して、スローな夜を過ごせるか




電気を消してスローな夜

を合言葉に「夏至冬至の地球でもっとも長い夜と短い夜の日にろうそくの明かりで過ごす環境イベント」が開催されます。

生活を見直すきっかけ」をつくる、みたいな催しだそうで。

キャンドル作り体験などが同時開催され、終わった頃から点灯が開始されます。

場内の放送によれば、「県内のお寺などで不要になったロウソクを再利用」して駅前の広場に並べます。安楽寺など協力されているみたいです。

「地球温暖化対策のために部屋の電気を消して、ロウソクの灯りで夜を過ごしましょう」みたいな話でした。

この日は雨でどうしようかと思いましたが、濡れた広場に光が反射して幻想的な雰囲気を盛り上げます。

かつては蝋燭が雪で埋もれそうな時もありましたが、今回は雨で火が消えてしまう場面もあります。

雨でカメラが濡れたりして長時間の撮影は無理そうでしたが、わりと本格的なカメラマンが何人かいました。

はしゃぐ子供、撮影する母親、祈る人、食べる人、将棋を指す人、それぞれが自由に過ごしています。

カメラのおはなし

近寄って、広角にしてガッツリ絞って撮影したかったですが、街灯のように光芒が目立ちません。

雨だし寒いしもういいや。

名称キャンドルナイトINテンドウ(きゃんどるないといんてんどう)
URLhttp://bussan-tendo.gr.jp/db/?d=8210
開催時期例年冬至あたり
12月16日(2017年)
開催時間16:15~20:00(点灯時間)
規模感☆小
料金無料
駐車場あり 駅の駐車場など1時間無料
問合せTEL023-654-1111/天童市生活環境課
アクセス駅前すぐ
開催地JR天童駅前広場/天童ターミナルビル「パルテ」/天童温泉街/市民プラザ




シェアすると編集者が泣いて喜びます

CLIP山形で主に使用中のカメラ「Nikon D5300」