雲上の宿大平山荘:紅葉を見ながらお風呂入ってラーメンを食べるの巻




紅葉は標高の高いところから紅くなり、徐々に下に降りてきます。

遊佐町から鳥海ブルーラインに入り、しばらく進むものの一向に紅葉の気配がないまま車を30分以上走り続けるとようやく色づいてきました。

4合目あたりで突如「大平山荘(おおだいらさんそう)」が現れ、一旦休憩することに。

ここはまだ山形県内で、住所は遊佐町吹浦です。

展望台

周辺はまぁまぁ紅く染まり、多くの車が大平山荘や隣接する展望台駐車場に停車します。

といってもそんな多くないか。

標高1,000メートルの展望台からは庄内平野や日本海、飛島、さらには秋田方面まで一望できました。

秋田方面

自撮りに懸命になる若者や海外からの観光客、交互に記念撮影をする定年後っぽい夫婦など老若男女が訪れてきます。中には駐車場でキャンプ用のテーブルと椅子を取り出して賑やかに過ごす家族もいましたが、さすがにそれは迷惑かと・・・

庄内平野

大平山荘の屋上からも眺望でき、この日は道路沿いの紅葉が一番綺麗でした。

周辺にはナナカマド、ミズナラ、ブナ、カエデなどの落葉樹があるようです。

展望台の反対側には、大平山荘に隣接して神社(鳥海山大物忌神社中之宮)と大平鹿公園があり、観光客らは大平山荘で購入した「鹿せんべい」を鹿に与えたりしています。

この日は鹿が死んだり・・・いろいろあり・・・

動きを見ると、鹿って頭がいいのはなんとなくわかった気がします。

まず風呂(420円)

大平山荘では日帰り入浴を利用できて、登山客などが多く訪れます。

せっかくなので一瞬だけ浴びますか。

浴室から眺める紅葉というのもオツなもの。

成分表がないと思ったら温泉ではありませんでした。

鳥海山の湧き水を殺菌して加温し、浴槽に放出しているらしい。

無色透明でサッパリして、少し塩素臭がしたかもしれない。

かいてない汗を流したところで、メシでも食うか。

鳥海山ラーメン(750円)

1階にある食堂に移動して、ラーメンを頼みました。

まさか鹿の肉じゃないだろうな。

わからないぞ・・・

いや、違うはず。

いや、食べたことない味。

いや、鹿なわけない。

国民宿舎で公共感ある雰囲気が漂い、食堂も同じような感じ。

味もそういう味です。美味しいです。はい。

水やお茶はセルフで、食べ終わったらお客が食器棚に返す。

窓の外の紅葉を見ながら食事するのもありですねー。

施設名 大平山荘(おおだいらさんそう)
URL http://www.chokai-yuza.com/odaira/
ジャンル 共同浴場、食堂、宿泊施設
アクセス 吹浦駅から車で約30分
電話番号 090-2607-2326
紅葉の見頃 10月中旬~下旬
紅葉の規模感 ☆☆☆大
入浴料金 420円
食堂予算 ~999円
宿泊料金 6800円~
営業期間 4月下旬〜10/31
鹿公園は6月中旬〜10月中旬
入浴営業時間 11:00~18:30
食堂営業時間 11:30~14:00
駐車場
サウナ ×
露天風呂 ×
貸切風呂 ×
休憩所 〇 日帰りプラン2500円など
食事処
マッサージ ×
手ぶらデータ シャンプー類あり
備考 日帰り入浴者用鍵付きロッカーなし
住所 山形県飽海郡遊佐町吹浦字鳥海山




シェアすると編集者が泣いて喜びます