山形紅花まつり | 山形市

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

山形県の「山形紅花まつり」はこれまで30年以上続いており、定番のイベントとなりました。
お祭の主役でもある「紅花」はキク科の植物で、紅色染料や食用油の原料となります。国外からシルクロードを経て日本へ伝わったとされています。山形県は紅花の生産量も日本一で、山形県の県花ともなっています。この紅花の花期である7月に行われるのが山形紅花まつりです。

benibanafes3

会場となる高瀬紅花ふれあいセンター (山形市高瀬コミュニティセンター)には約21アールの紅花畑に約2万1千本の紅花が咲き誇っています。また、同センターに隣接する高瀬紅花ふれあい公園と高沢地区でも紅花を観賞できます。特に高地にある高沢地区には「熊戸岩」など紅花以外にも沢山の見所があります。

benibanafes4
あわせて、6月末から山形紅花まつり開催期間中、同センターでは先着で紅花のプレゼントとスタジオジブリの代表作である「おもひでぽろぽろ」のセル画展が開催されています。作品に使われたもので、ファンにとっては非常に貴重なものでしょう。また、紅花のプレゼントも同センターで行われます。
会場へのアクセスはJR仙山線の高瀬駅が最寄り駅となっており、駅から会場までの無料シャトルバスも運行しています。自動車を利用する場合は一般道では国道13号の山形市大野目交差点を山寺方面へ、高速道路では山形自動車道を山形北ICで降り、国道13号の大野目交差点から山寺方面へ向かいます。

takasesta

イベント名 山形紅花まつり(やまがたべにばなまつり)
TEL 023-686-3341(高瀬紅花ふれあいセンター内)
開催期間 7月上旬
予算 0円
住所 山形県山形市下東山1360

 

 


この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2016 All Rights Reserved.