寒河江から鶴岡南部まで紅葉探索の旅




※今回の記事は驚くほど何も起きません。紅葉もロクにありません。

台風が過ぎ去り、どう考えても晴れるはずの日でしたが朝から曇っています。天気予報でも晴れるはずなのに曇っています。

寒河江から所謂「月山花笠ライン」の国道112号線を通り、鶴岡方面へ向かいます。

途中、月山湖(寒河江ダム)に到着しましたが紅葉はイマイチでした。

月山湖

タイミングよく噴水が上がっていたのでヨシとしますか。

日本一の月山湖水大噴水は4月下旬~11月中旬まで。平日は10:00から16:00まで1時間おきに7回、土日祝日は10:00~17:00までの8回の打ち上がります。

日本一を誇る高さは112メートルらしいです・・・売店で何か買って食いながら見ればいい。

名称月山湖(寒河江ダム):がっさんこ(さがえだむ)
駐車場あり
紅葉の見頃10月下旬
開場時間24時間
定休日なし
料金無料
問合せ0237-74-2111/最上川ダム統合管理事務所
所在地山形県西村山郡西川町砂子関

先に進んで間もなく、湖を渡る橋があります。橋には「大越川」と記載されていますが、月山湖と繋がっています。

北から流れる大越川は月山湖にたどり着き、湖を越えて南へ寒河江川として流れていく。のだと思う。

大井沢へ向かう橋

橋から南を向くと

遠くは高速道路

北を向くと

滝あり

紅葉は・・・もう少しですが、景観は素晴らしいからいいか。

さらに鶴岡方面へ向かうと「月山第一トンネル」が見えてきます。この付近の紅葉はまぁまぁで、もう少ししたら思わず見とれて事故ってしまいそうになるでしょう。

月山第一トンネル

国道をそのまま進み、鶴岡市内に入ろうとする辺りの県道44号線とクロスする交差点、消防署のあるところから左へ曲がります。

鶴岡市の朝日という地域ですが、合併前の朝日村だった地域で、もう少し進んだところから「朝日スーパーライン」といわれる道路が新潟まで続きます。

集落を抜け、また集落がやってきて、集落を抜け、また集落があります。

近くに湖が見えてきますが、紅葉はイマイチ。

間もなく「荒沢ダム湖」に到着します。人っ子一人いません。

荒沢ダム湖

毎年5月末には、荒沢ダム貯水池の大鳥公園で「タキタロウまつり」が開催されるらしいですが、大鳥公園の場所が謎なのです。

名称荒沢ダム湖(あらさわだむこ)
駐車場たぶんない
紅葉の見頃10月下旬から11月上旬
問合せ023-630-2619/庄内総合支庁荒沢ダム管理課
所在地鶴岡市荒沢狩籠

そのまま南に進み、湖を超えたところに「タキタロウ館」が見えてきました。

タキタロウ館

釣り人などが多く訪れるらしく、趣がありすぎる旅館があり、近くに川が流れ、せせらぎがずーーーーっと聞こえてきます。

釣り人おらず

タキタロウとは昔から伝えられる幻の巨大魚のことで、屋内ではタキタロウを紹介する資料展示をやっているらしいです。あとは食事とか。

冬期間は休みのようです。

名称タキタロウ館(たきたろうかん)
駐車場あり
紅葉の見頃10月下旬から11月上旬
開店時間9:00~17:00
定休日月曜日(11月中旬~4月下旬まで閉館)
料金無料
釣り堀:1さお550円
問合せ0235-55-2452
所在地鶴岡市大鳥字高岡55-8

まだ続く朝日スーパーラインをさらに南下して間もなく終わりにしようと思います。

道が細くなり、ときどき軽トラックが止まっていますが人はいません。

不吉です。

このまま新潟まで行くのはかなりの精神力が必要とされるほどの険しさを感じます。

鶴岡市大鳥

途中、「遭難者多発・注意」の看板が見えてきて不吉さが増します。

期待したほどの紅葉もなく、きりがないので、ここで終了。

紅葉らしさ




シェアすると編集者が泣いて喜びます

高性能なコンデジで遊ぼう「RX100」