あつみ温泉ばら園まつり:3,000本のバラを見るなら鼠ヶ関のイカ焼きとワンセットにしたい




あつみ温泉ばら園まつりは毎年6月に開催され、見頃のピークは6月中旬になります。

約90種3,000本のバラは6月~10月下旬の長期間にわたり咲き続けます。

温泉街から熊野神社境内の階段を上ったところに位置し、高台から温泉街を眺めることができるビュースポットになっています。

6月は時期を合わせたイベント「ばら園まつり&おもてなし祭り」が開催され、ものまねショーなどのステージイベント、歩行者天国のようなオープンカフェ、フリーマーケットや人力車体験などが行われます。

かつては毎年この場所で奉納相撲を開催していましたが、昭和26年の大火によって消滅しました。

昭和37年、地元旅館館主や有志の方々は火災からの復興を願い約500本のバラを寄贈し、バラ園の造園が始まりました。

平成24年には鶴岡公園内の庄内藩主酒井氏のばらを譲り受け「殿様のばら植樹祭」が行われました。

現在でも庄内地方唯一のバラ園として人々を楽しませています。

オススメコース

鼠ヶ関のイカまつり→あつみ温泉宿泊→バラ園

「うまイカ 干しイカ イカまつり」の頃にはバラは枯れているのも多く見かけるかもしれません。バラだけを楽しむならもう少し早い方がいいでしょう。

しかし、あつみ温泉まで来たら鼠ヶ関でイカ焼き(600円)を食べたいものです。

日本一美味しいイカは文章で表現できない。

名称 あつみ温泉ばら園まつり(あつみおんせんばらえんまつり)
見頃 6月中旬
規模感 ☆☆(中)
開園時間 6月~10月下旬
料金 なし
定休日 なし
駐車場 あり 温泉街内の無料駐車場
問合せTEL 0235-43-3547/あつみ観光協会
所在地 山形県鶴岡市湯温海甲




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!