「たびやかた嵐湯」でのんびりし過ぎてみる | 東根市・日帰り温泉

嵐湯




東根温泉の日帰り入浴はほとんど行ったつもりでしたが、旅館の日帰りはまだありました。

今回訪れた嵐の湯は立派な旅館です。

たびやかた嵐湯

入り口

嵐の湯ってなんぞや?

という事でやってきたのですが、通常の温泉とはまた別に薬石浴なるものがあるそうで、日帰り入浴者は「温泉」か、「温泉+嵐の湯」を選択します。

たびやかた嵐の湯の「嵐の湯」は、十五種類の薬石を床、一面に敷き詰め、そこに温水を通し、この温水だけで薬石に熱を加えています。熱くなった薬石はその熱と共に大量のミネラルを発散させます。蒸発ミネラルは大変粒子が細かく、人体に吸収されやすくなっており、薬石のミネラルと共に硫酸塩温泉の効能効果がさらに大きく又、早く現れます。

っていうことなんだそうな。これはたっぷり時間をかけて、できれば宿泊したいところです。

今回は温泉のみいただきます。

入り口入ってすぐ受付に支払いを済ませると、黒、白、2種のスリッパが置いてあり、黒スリッパを勧められて浴室へ案内してもらいます。

浴室の外にカギ付きロッカーがあって、脱衣所にはない。

嵐湯ロッカー

嵐湯ロッカー

脱衣所に行くと脱いであるスリッパがすべて黒だったので、これはたぶん・・・日帰り専用かな。

脱衣カゴは穴の空いた棚に窪むように装着されて、灯りに照らされると雰囲気がでている。

脱衣所

脱衣所

下から見るとこんな感じ。

棚

ひと風呂あびてから、脱衣所の先にある嵐の湯に向かう人がチラホラと。

脱衣所のその先へ

脱衣所のその先へ

裸じゃいけないので作務衣を着ていく。

通路

嵐通路

少しそれましたが、浴室に入ります。

浴槽

浴槽

一瞬、仕切りなし?っていうほどの綺麗な巨大ガラス沿いに浴槽が設置されていて、差し込む光がお湯に反射して入浴してないのに気持ちがよかった。

シャンプー類は、単なる公衆浴場ではない流石旅館なので、それなりのものが容易されていた。

カラン

嵐カラン

60℃を超える熱さの源泉が噴出する湯口。

嵐湯口

嵐湯口

琥珀色の浴槽というより、やや緑がかった透明のお湯。

これってオオタ湯と一緒じゃね?って思ったら同じ源泉でした。循環して消毒をしているようでしたので、温泉臭さみたいのはあまり感知しませんでしが、塩素臭いわけでもく、ほぼ無臭。

露天は女湯のみのようです・・・

東根温泉は源泉がいくつかあり、近距離なのに泉質がまるで別物になっているのは面白いですね。

施設名 たびやかた嵐湯(あらしゆ)
ジャンル 日帰り温泉、旅館
住所 山形県東根市温泉町1丁目9−22
電話番号 0237-42-0054
源泉 東根温泉共同組合15号泉
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛
五十肩、きりきず、やけど、虚弱児童、運動麻痺
関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病
冷え性、痔疾、病後回復、疲労回復、健康増進
料金 820円(温泉のみ、中学生以上)
410円(温泉のみ、小学生以下)
1450円(嵐の湯、中学生以上)
730円(嵐の湯、小学生)
540円(嵐の湯、小学生未満)
営業時間 AM5:00~PM6:30まで受付(日帰り入浴)
定休日 なし
駐車場
源泉掛流し 〇 循環・消毒あり
サウナ ×
露天風呂 〇 女性のみ
貸切風呂 ×
休憩所 〇 10:00~14:00
食事処 〇 11:00~13:30
マッサージ ×
手ぶらデータ リンスinシャンプー、ボディソープ
備考 嵐の湯に入ろう

 

 

 




嵐湯

シェアすると編集者が泣いて喜びます