赤川土手の桜:キラキラ桜の花びらを浴びるのに十分なロケーション




鶴岡市の国道112号線を車で走ると眩い桜が目に入ります。

車内から首を曲げたまま走らせ、危険運転者が増加しそう。

桜は約300本らしいですが、1㎞以上に及ぶので3000本もありそうな気がします。

そのわりに人はまばらで、散り始めた桜並木は強烈な感動を与えてくれるでしょう。

CLIP山形さん(@clipyamagata)がシェアした投稿

1916年に赤川の改修記念として植樹されたもので、100年以上経過しているため古木の一部を事故防止や若い木を活かすために伐採したこともありました。

ソメイヨシノの寿命は100年程度なのだそう。

今は古木と若木の両方あるみたい。

遠くには月山や鳥海山が見えるらしいですが、桜にしか目に行かず忘れてました。

時々あらわれるロードワークの人、カメラ片手にシャッターを切る人、仕事をサボったサラリーマンらが歩いて行きます。

暖かくなると河川敷のグラウンドでサッカーや野球など楽しむ人、秋は芋煮会や有名な花火大会が開催されます。

あ、オバちゃんが撮影してる。散り際にきらめく花びらを身体に浴びながら、なんて劇的なんだろうと勝手に解釈しているかもしれない。

名称 赤川土手の桜(あらかわどてのさくら)
見頃 4月中旬~下旬
規模感 ☆☆☆(大)
料金 0円
駐車場 なくもない
アクセス 鶴岡駅から車で約5分
問合せ 0235-25-2111/鶴岡市観光物産課
所在地 鶴岡市




シェアすると編集者が泣いて喜びます