山形の新「キャッチコピー」で観光客誘致




退屈なので画像を組み合わせて「キャッチコピー」を考えてみました。

「そうだ 山形 行こう」

京都の丸パクリです。

このような露骨なパクリというのは目立っていいと思います。

今のキャッチフレーズは「おいしい山形」・・・

「京都にはない 金沢にもない が、山形にはあるかも。」

福井県のキャッチコピーをパクっています。

「お帰りなさいませ ご主人様 中毒にさせます」

また来たくなるみたいな意味合いのつもりでしたが失敗です。

「山形行き 格安航空券 ありません」

あえてないものを逆説的にアピール。

LCCのピーチアビエーションは、株を買い増したANAによって完全なコントロール下に置かれました。このショッキングな“事件”によって航空料金は高止まりの状態が続き、山形発着のLCCの夢は絶たれたのです。

「うまし うるわし いま ふたたびの 山形へ」

奈良の二重パクリです。バンドの完コピがあるように、キャッチフレーズもありにしてほしい。

「書を捨てよ 時計を捨てよ スマホを捨てよ 山形へ出よう」

寺山修司のパクリです。しょうもない感じになりました。

「そばの数だけ 感動がある」

間抜けになってしまいました。

「山形へ ラーメン食べに 行ってきます」

skyticketのパクリです。LCCなら東京・福岡間が3,870円なのだとか。それで成り立つキャッチコピーでした。

「山形の蕎麦屋で ラーメンを 食べたい」

素晴らしい。自画自賛。山形を知ってなきゃ言えないコピー。

「山形の定食屋で キョンシーを 見た」

素晴らしい!イチ押しのキャッチコピー!

目撃証言があるので、嘘ではないかもしれません。

それっぽい記事はこちら

そろそろ眠いから寝ます。

またあした―




シェアすると編集者が泣いて喜びます

CLIP山形で主に使用中のカメラ「Nikon D5300」